トップ

病院に入院中の食事

病院での食事について

病院の食事へのイメージ

病院の食事と聞いてあなたはどのようなイメージが浮かびましたか。質素、おいしくない、まずい、味気ない、味が薄い、見た目が良くない、栄養のこと、塩分量のことしか考えてないなど様々なことを思ったのではないでしょうか。今の病院食はとても考えられていて、業者が介入することもあります。見た目も味も、おいしさも上がっています。いまや、入院している人は入院食が楽しみとの声を発する人もいるほどなのです。減塩食やカロリー制限食でも、味に満足、量に満足できる料理になっていますので、今後入院することになっても安心してください。

入院中の食事は選ぶことができる

入院中病院の食事は楽しみの一つでもあります。そのため嫌いなものが出たときなど気分が落ち込むこともあり、思うように食べられないことがあります。食べることは病気を早く治すことに直結しているので、きちんと食べるためにもあらかじめ看護師や栄養士に嫌いなものを伝えておくようにします。そういった場合、違ったメニューを出してくれることがあります。病院ではバランスよく食事を作っているため、摂取カロリーにあった献立になっています。そのため苦手な食材の代わりに他のもので代替したとき料理の量が減ることもあります。食べることは活力にもなるので出されたものはしっかりと食べきるようにします。

↑PAGE TOP